時事問題特集 by TR

ついに時事問題に挑戦します。政治から事件やら話題の情報まで、とにかく頑張ってやっていきたいと思います。正直、問題にならないものも取り上げます。

結果的に日本に対しての嫌がらせに 国威発揚(?)で竹島のエビを使う...

 

こんばんは、TRエンタテインメントです。最近は寒さも増してきて冬まっしぐらですね。皆様、いかがお過ごしでしょうか。

さて、アメリカ合衆国の大統領、ドナルド・トランプ氏は現在、アジアの外遊を行っており、日本から始まり、韓国、中国、ベトナム、フィリピンを歴訪し、北朝鮮情勢を始めとした連携を強化することや、アメリカの貿易赤字の是正などを焦点に首脳会談を行っています。

 

そんな中、昨日、韓国入りし、1泊だけして中国に向かったトランプ氏ですが、「あいつは何なんだ。」と言わんばかりの(実際に言ったらしい...)事案がこの場でも発生してしまいました。

 政府は7日、韓国政府が同日夜に開いた晩餐会に元慰安婦を招待し、韓国が不法に占拠している竹島の韓国側呼称「独島」の名前を冠した「独島エビ」を提供すると発表したことに対し、ソウルの日本大使館を通じて抗議した。

菅義偉官房長官は記者会見で「トランプ大統領が日韓を最初の訪問先に選んでいる中、日米韓の緊密な連携に悪影響を及ぼす動きは避ける必要がある」と不快感を示した。また、慰安婦問題が最終的で不可逆的に解決したとする日韓合意の「着実な実施を求める」と強調し、日本の立場を申し入れたことを明らかにした。

エビについては「どうかとは思う」と疑問を呈した。

日本政府内には「信じられない」「韓国はいったい何がしたいのか」といった強い不快感とあきれが広がっている。

出典 ; 産経新聞社 産経ニュースより

【トランプ氏訪韓】日本政府が韓国に抗議 米韓首脳晩餐会に元慰安婦招待と「独島エビ」 菅義偉官房長官「どうかと思う」と不快感 - 産経ニュース

 まず、今回は北朝鮮の一向に止まらない核・ミサイル開発をやめさせ、日米韓の間で連携しなければならない事態なのですが、韓国はどうも北朝鮮に融和も融和で、矛先が日本に向いています。

むしろ文在寅氏は北朝鮮にまずは対話で解決をしたいと考えており、国内でもTHAADの配備を反発があり、お花畑論の展開が今も続いています。

また、元慰安婦と面会させ、文氏もトランプ氏に「日本に酷いことをされた」と最終的かつ不可逆的な解決にも関わらず、日本をバッシングするスタンスをとっています。

 

ここまで事柄について、客観的に見ても防衛能力なくして国民をどう守ろうとするのか甚だ疑問です。韓国の首都はソウルだというのは言うまでもないと思いますが、北朝鮮の国境から目と鼻の先にあり、通常兵器でも大惨事になるのは想像に至らないのは日本人なら普通分かるはずですが、当の本人たちは何を考えているのでしょうか。

それだけではなく、根本的な問題として核兵器が完成したらそれだけで脅威であり、どんな交渉や対話の場でも核兵器をちらつかされてまで対話に望めるのでしょうか。

そんな中で、どういう訳か日本に矛先を向ける韓国。北寄りの政権に、朝鮮戦争で失った事柄の大きさを何もかも忘れてしまったのでしょうか。実力がないからと言って国威発揚に日本を使う、何とも幼稚な発想であります。

いずれにせよ、これからは日米間で連携を進め、目の前にある核の脅威を一刻も早く解決させなければならないのではないでしょうか。

まさか、文氏はこのまま朝鮮半島統合なんてこと、あるはずないですよね。「何を考えているんだ。」