時事問題ニュース by TR

毎日19時更新!ついに時事問題に挑戦します。政治から事件やら話題の情報まで、とにかく頑張ってやっていきたいと思います。

慰安婦合意の履行要求 対北への圧力も促す

 こんばんは、TRエンタテインメントです。

 

 平昌オリンピックが開幕し、選手の皆さんはとにかく「寒い」の一言しかでないことと思います。スキージャンプが夜中で日をまたぐってどういうことなんだ!って話ですが、とにかく、選手の皆さんにおかれては無事に帰国できるよう願うばかりです。

 

 さて、前回の記事で日韓首脳会談が予定されていると言いましたが、開会式と同じ日に行われました。確か、前回の記事で開会式の前日といった気がします。すみませんでした。

 

 その日韓首脳会談についての内容と色々思うことをまとめたいと思います。読売新聞の一面から大まかな概要と南北の政治利用が甚だしいこともあり、二面の河野外相の記事も引用したいと思います。

 

 安倍首相は、9日、韓国・平昌のホテルで文在寅韓国大統領と約1時間会談し、慰安婦問題を巡る2015年の日韓合意を着実に履行するよう求めた。文氏は再交渉は求めないが、両国が協力して慰安婦問題の解決を目指すべきだとの認識を示した。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対しては、日米韓が連携して朝鮮半島の非核化に向けて最大限の圧力をかけ続ける方針を確認した。

出典; 2018年(平成30年)2月10日 読売新聞 日刊 『日韓首脳会談 慰安婦合意の履行要求 首相 対北圧力を確認』より 

 

 河野外相は9日の記者会見で、北朝鮮の芸術団が平昌五輪に合わせて韓国で講演した際、「独島(島根県竹島の韓国名)」の歌詞を含んだ曲を披露したことに関連し、「五輪をさんざん政治利用しているような雰囲気がある」と述べ、警戒感を示した。河野氏はその上で「日韓、日米韓でしっかり連携し、北朝鮮に対して緩みなく圧力をかけていきたい」と強調した。

出典; 2018年(平成30年)2月10日 読売新聞 日刊 『「北が五輪政治利用」 河野外相が警戒感』より

 

 今回の日韓首脳会談は冒頭に日韓合意の履行を求め、最終かつ不可逆的に、要は蒸し返さない、何があっても追加措置は取らないと伝えました。

 

 また、対北朝鮮ではオリンピック成功へ向けた取り組みは評価したものの、今もなお核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対話のための対話は意味がない、政策を変えない限り圧力をかけ、北側から対話を求めてこない限り日本は対話に応じない趣旨を伝えました。

 

 今回も韓国の事ですから行ったところで無駄足になるかと思う方は相当数いるかと思います。実際、自分がこの立場だったら行きたくないです。

 

 ただ、北朝鮮が日韓関係に楔を入れて関係を悪化させ、北朝鮮が韓国と「反日」を掲げ、南北統一され、今の倍程度の面積を持った国に、核で脅され続けることになるのは何としても避けなければなりません。最も、韓国の現政権にはそこまでしなくても「親北朝鮮」ですから、北朝鮮にとっては扱いやすいかもしれません。韓国とはもう断交しろと言っておられる方は特に考えていただきたいと思います。万が一、南北統合され、核に脅され続ける日本は朝鮮半島に対し、どのような対応が有効か、コメント欄でお待ちしております。

 

 慰安婦問題に関しては、もはや言うことがなくなってきました。言っても言わなくても韓国国民はどんな対応をとっても、「謝れ!」、「金よこせ!」と恐喝まがいのことをしてきます。ここまで大っぴらに言ってくるのであればいっそ、首脳会談で、「韓国は国同士の約束も守れない国」とレッテルを張り付けて、世界に発信することで日韓合意の重要性を強調したほうがいいのです。だから今回、直前に首相は訪韓を発表し、会談もできました。韓国に行く意味はちゃんとあったのです。

 

 今回、ペンス米副大統領も韓国に若干の圧力を加え、日米韓連携の重要性を再度、伝えました。

 

 オリンピックを完全に政治利用した朝鮮。核の脅威から守るには「孤立」させる以外に選択肢はない。