時事問題ニュース by TR

政治から事件やら話題の情報まで、とにかく頑張ってやっていきたいと思います。

だから、維新は自民党の補完勢力としか見られない

 

 モリ・カケ・スパ問題。麺類ばっかだな、これ。

 

 しびれを切らした足立康史議員が加計学園の関連で、獣医師会と石破さんに関連する質問をしましたが、日本維新の会が、「誹謗中傷に近い発言があった」との事で党役職を解任する処分をしてしまいました。

 

 正直、この記事を見て激高しました。(日本維新の会に。)以下の記事をご覧ください。

 日本維新の会は6日の役員会で、5日の衆院予算委員会での足立康史氏の発言に問題があったとして、党国会議員団幹事長代理の役職を解くとともに、当面、国会で発言の機会を与えないことを決めた。

 

 馬場伸幸幹事長は記者会見で「誹謗(ひぼう)中傷に近い発言が多々あった。度重なるところがあり、容認できない」と説明した。

 

 足立氏は5日の予算委で、自民党石破茂元幹事長を「野党とグルかもしれない」、立憲民主党辻元清美国対委員長を「マスコミに圧力をかけた人」などと発言。立憲など野党はこれを問題視し、懲罰動議の提出を検討している。足立氏に対する懲罰動議は過去に5回提出されている。

出典; 維新、足立氏の党役職解く=予算委発言で処分 (時事通信) - Yahoo!ニュース

 

いや、ほんとの話だろ!!!記録あるんだぞ!!!!

 

 これ、実は昨日取り上げた記事の中に動画も埋め込んでいるのですが、どう考えても誹謗中傷ではないことがわかるかと思います。下にリンクと、さらに石破茂氏についての動画も埋め込んでおきますので見ていただけたらと思います。

 

↓やべー議員=辻元清美 動画あり

tr-jiji-mondai.hatenablog.com

Twitterより 石破茂氏に対する発言

 

 

Twitter動画 全文書き起こし~

むしろ、むしろ、

 

加計学園の問題の本丸は、

 

石破さんですよ、石破さん。

 

(一部カット)

 

石破四条件が設定される直前でありますが、

 

「私は石破大臣と折衝をし、一つの大きな壁を作っていただいている、」

 

お願いをして、壁を作って頂いていると書いてあるわけですよ。

 

で、6月30日に、石破4条件が閣議決定をされた後の、全国獣医師会の会議において、

 

同じく北村委員長が、

 

「石破担当大臣と相談した結果、最終的に、『既存の大学・学部で対応困難な場合』という文章を入れていただきました。」

 

つまり、

 

つまり、

 

新しい、学部の設置はできないということが、

 

戦略に、書いてあるのである。

 

でまた、

 

2か月後の9月10日、

 

昨日、

 

この北村委員長が、獣医師会の会長とともに、

 

石破大臣と2時間、議論、意見交換をしたけども、

 

現実的には参入は困難ていう文言にしておいたからな、と、

 

いう風に石破さんがおっしゃったと、

 

これ、疑惑じゃないですか、疑惑。

 

いや、

 

でね、別に私は捜査機関じゃありませんから、

 

あの、これについて白黒と言うつもりはありませんが、

 

実際に石破さんは、これ献金もらってます。

 

ま、請託、

 

要は事実認定て非常に難しいんで、

 

何が請託で、何が職務権限か、ていうことは大変難しいテーマですが、

 

ここに書いてあるものを見てね、

 

何故、野党が石破さんを追求しないのかさっぱりわかんないですね。

 

むしろ玉木雄一郎さんはこれに乗っかって、

 

さんざん石破4要件、4条件を、

 

取り上げて、安倍総理の、問題を、追及した訳ですね。

 

もう、グルなんじゃないですか。これ、

 

だ、石破茂元地方創生大臣はね、

 

自民党の顔してますけど野党とグルかもしれません。

 

ね、

 

私はそれぐらいね、

 

いや、だっておかしいじゃないですか。

 

なぜ、

 

なぜ、何で立つの。

 

なぜ、

 

なぜ、いや、だからね、皆さんね、

 

なぜ、皆さんが、総理は追及するけど、

 

当時の大臣である当時の大臣である石破さんを何故追求しないのか、

 

私は、国会議員として、分からないので....

 日本維新の会が言う「誹謗中傷に近い発言」は自民党石破茂氏と立憲民主党辻元清美氏です。辻元氏の話は昨日の記事に書きましたので割愛させていただきます。

 

 要は、足立議員が前に発言されていた「石破茂は犯罪者」という内容は、実はこのことだったのです。

 

 確かに請託か、職務権限か事実認定は本当に線引きは難しいです。認可を申請している者、変えたら困るという者、それぞれの立場があり、少しは汲む話もあるかと思います。

 

 

 ただ、

 

 ここからが重要ですよ。

 

 玉木雄一郎氏についても仰っていましたが、万が一、献金を受けて獣医師会に頼まれて国会で答弁していたとしたら、受託収賄という、れっきとした犯罪なんですよ。

 

 ただ、足立康史氏も国会で述べられている通り、請託か、職務権限かは本当に難しいです。これは司法にしか判断できません。私も、犯罪者かどうかはさすがにわかりません。

 

 では、足立議員は何が言いたかったのか。

 

 それは、既得権益を守りたい日本獣医師会のためになってしまっている分厚い岩盤規制、そう、石破4条件があるおかげで四国に非常に不足している獣医師の数を増やそうとするべく、加計学園が10数年以上にわたって参入を計画していたわけですよ。それを石破4条件のおかげで何もできなかった。これが、俗にいう、「行政が歪められた」という事です。

 

 ただ、ここで足立議員が完全に間違えたことは、①いろいろ話をすっ飛ばして犯罪者であると口走ってしまった、②やっぱり、いろいろ話をすっ飛ばして献金を受けて、さらに既得権益者(日本獣医師会)を擁護している」趣旨の発言、を先にしてしまったことが致命傷になってしまったのだと私は考えます。

 

 しかし、これだけ正直に、現実的に話を、国会をしてくださっているにもかかわらず、誹謗中傷に近い発言と馬場幹事長は足立議員をしばらく国会に立たせない処分を出してしまいました。上記のような事柄だけで、誹謗中傷に近い発言と見るのは流石に違うのではないですか。

 

 これでは、どう考えても完全に自民党の補完勢力にしか見えませんね。本当にありがとうございました。

 

 足立議員の本心は、足の引っ張り合いをもうやめて、李下に冠を正した者と真摯に向き合う、ただ、それだけであり、それ以上でもなかったのです。

 

 日本維新の会も、こんな、今のままでいいのか。