時事問題ニュース by TR

政治から事件やら話題の情報まで、とにかく頑張ってやっていきたいと思います。

職人、アキラ100% お盆落としても「炎上」せず

あけましておめでとうございます。皆様、いかがお過ごしでしょうか。帰省されたり、寝正月を過ごすなり、お年玉をもらって特需景気の子供たちもいれば、あげる側はスッテンッテンになることでしょう。

今年もどうぞよろしくお願いします。

 

さて、テレビ業界は新年一発目から賑わせてくれてます。お盆職人のアキラ100%が例のお盆を落として、真の『アキラ100%』になってしまったようです。(お盆取れたから『アキラ』だけになるのかな。)

 

 ただ、ここまでの事故というべきだろうか、あった訳ですが、なぜ炎上とまでいかなかったのでしょうか。

 

アキラ100%のネタはご存知の通り、裸エプロンならぬ『裸にお盆』なんですよ。落ちたらおしまい、この時代に大丈夫なのかといった芸風で注目されています。

ただ、この方の芸風で一番褒められることは、『下品さ』や『いやらしさ』というものが感じられません。どうしてもお盆芸だけに注目が行きがちですが、全身裸な訳です。体毛で見てくれが悪いなんてことがあったら嫌ですよね。そして、ネタの最中に下ネタとなる発言が一切ありません。

どちらかというと、捨て身の芸風で見えたらお終い。そんな業界内の『自主規制』をついたジャンルの芸風ではないでしょうか。

だから昨年も、年はじめであってもテレビに出られるのだと思います。

また、落とした後に土下座してまで隠しとおすプロ意識と本当に穿いていなかったという事実、そして2度目の成功も炎上しなかった理由でしょう。

 

正月にかくし芸が無くなった今、新たな『かくし芸』が確立したのではないでしょうか。これからも(というか、個人的には今年のイナズマロックフェスに)期待したいです。