時事問題特集 by TR

ついに時事問題に挑戦します。政治から事件やら話題の情報まで、とにかく頑張ってやっていきたいと思います。正直、問題にならないものも取り上げます。

黒染め強要 日本は人種差別を批判できる立場にない

 

こんばんは。結果的に不定期更新となったTRエンタテインメントです。そんな僕が更新する衝動に駆られた事案が発生してしまいました。

今回は、極めて深刻な教育現場に苦言を呈したいと思います。

事は10月27日の毎日新聞の報道です。

 頭髪が生まれつき茶色いのに、学校から黒く染めるよう強要されたとして、大阪府羽曳野市の府立懐風館(かいふうかん)高校3年の女子生徒(18)が約220万円の損害賠償を府に求める訴えを大阪地裁に起こした。府側は請求棄却を求めた。

 

生徒は「指導の名の下に行われたいじめだ」と訴えている。

 

訴状などによると、生徒は2015年4月に入学。中学時代に黒染めを強要されて嫌な思いをしたため、母親は「高校では同じことがないよう配慮してほしい」と伝えていた。

 

しかし、学校側は生徒の入学後、1、2週間ごとに黒染めを指導し、2年の2学期からは4日ごとに指導。度重なる染色で生徒の頭皮はかぶれ、髪はぼろぼろになった。

 

学校側は生徒の代理人弁護士に「たとえ金髪の外国人留学生でも規則で黒染めさせることになる」と説明している。

 

生徒は昨年9月、教諭から「黒染めしないなら学校に来る必要はない」と言われ、それ以降は登校していない。高校は今年4月、生徒の名前を名簿から削除。他の生徒や保護者には、退学したと虚偽の説明をしたという。

 

 府教委高等学校課と同校は取材に、「係争中なので答えられない」と話している。

 

出典;毎日新聞 「髪染め強要で不登校」高3、大阪府を提訴

 との報道がありました。

まず、この報道が本当に事実であるのならば、極めて深刻な、非人道的な人種差別を公立の高等学校が行っている現実です。

本来であれば、生徒としての自覚や規律を正させ、高校生としての義務を全うさせるために多くの学校が染髪や極端な変型を禁止または制限させているものと思われます。

しかし、今回は事情が異なり、学校側が髪の黒染めを強要を行っており、高校生としての義務を全うさせる趣旨と反します。とても指導とは言えないですね。

実際問題、この高校生は黒染めの際に頭皮がかぶれを起こした、「ケガ」を負ったのです。

正直、民事でたかが200万で済む話ではありません。染髪を「強要」させたり、その染髪の結果、「傷害」を負っており、昨年9月から不当に通学を認めず、他の生徒、保護者には退学したと全くの事実無根である「名誉棄損」を学校、府側は行っているといえますから極めて悪質であるといえます。刑事事件として立件したほうがいいレベルです。

また、憲法の観点から見ても第十一条に違憲状態であるのではないでしょうか。

さらには、学校・府の弁護側は「たとえ外国人留学生でも黒染めさせる。」との発言もあり全面的に争う姿勢です。ここまでくると単なる事件ではなく、髪の色で人種を否定する『国際問題』として扱われてもおかしくない話です。たとえそのような意がないとしても問題です。裁判を進めていく分には何ら問題はないと考えますが、このままでは間違いなく世界中から失望の意が表されるのではないでしょうか。

生まれも育ちも様々で、これからもグローバル化が進む将来、そしてこの日本も。『指導』の意味を履き違えている日本の行政機関に、国民は今の現実と向き合っていかなければならないと強く感じるこの頃です。