時事問題ニュース by TR

政治から事件やら話題の情報まで、とにかく頑張ってやっていきたいと思います。

被疑者・山口達也 芸能活動を無期限謹慎へ

 こんばんは、TRエンタテインメントです。

 

 山口メンバーや、稲垣メンバーといった報道が多い中、この件、れっきとした刑事事件であり書類送検もされていることから、引用を除き、「被疑者・(氏名)」または単に氏名の後に、「氏」をつけて書きたいと思います。

 

 事は一昨日のNHKニュースの速報でした。同放送局の、「Rの法則」で共演している女子高校生に強制わいせつ容疑で書類送検されたという第一報が入りました。今日の読売新聞の35面から冒頭部分を引用したいと思います。また、これ以降の内容は主に読売新聞を参考資料としています。

 女子高校生に対する強制わいせつ容疑で警視庁が書類送検した人気グループ「TOKIO」のメンバー山口達也容疑者(46)は26日、東京都内で記者会見し、「本当に申し訳ない」と謝罪した。

 

 ジャニーズ事務所によると、芸能活動は無期限謹慎するという。

 

 数百人の報道陣が集まった会見の冒頭、山口容疑者は約30秒間、深々と頭を下げた後、涙声で事件の経緯を話した。

 

 説明によると、事件があったのは2月12日。日中から自宅で酒を飲み始め、知人の女子高生に「家に来て話さないか」と電話をかけた。同日夜、女子高生が友人と2人で自宅に来た時点ですでに酩酊状態だったという。詳細については、「捜査中なので今は言うことは出来ない」と言及を避けた。

(以下略)

 

出典; 読売新聞 2018年(平成30年)4月27日 朝刊 35面 「芸能活動 無期限の謹慎 山口容疑者謝罪 テレビCM休止」より

 

 お酒が入っていたからというのは言い訳にもならず、れっきとした「犯罪」をした被疑者・山口達也

 

 影響は計り知れず、速報が流れた翌日の朝の生放送でMCを務める同じメンバーの国分太一氏が放送の冒頭に謝罪する映像は本当に痛々しいものを感じました。それも山口氏よりも先に謝罪する羽目になり、その映像を山口氏は見られなかったと話されていましたが、自分の行った行為を自分よりも先に、事件と全く関係のない国分氏が謝罪する姿に背を向けた行為は、山口氏の自身の甘さをつくづく感じました。まだ、事の重大さに十分と気付いていないのではないでしょうか。

 

 収録済みの番組は差し替えや編集が行われることとなり、CMもTOKIOが出演するものをはじめとして放映を休止、差し替えが相次ぎました。

 

 また、先に挙げた国分太一氏を含め他のメンバー4人が謝罪するまでの事態になり、この事件の影響がはかり知れないものとなっています。

 

 山口氏は会見で、「お酒の影響で身体を壊し、入院していた。その翌日に事件を起こした」との内容を話していました。

 

 先に挙げた通り、酒に飲まれるほど大の大人が碌に自己管理も出来ず、結果として未成年の女性を自宅に招き入れ、わいせつな行為をしたことは到底許されるものではありません。酒ぐらいで謹慎は重すぎるとの芸能関係者からの声や報道も中にはありますが、山口氏は強制わいせつ容疑で書類送検され、自身も認めている、れっきとした犯罪者同然の身分であり、一度謝って済むような話ではありません。

 

 ましてや事件が起きたのが2月12日、事務所への報告が会見内で4月のはじめといっている訳ですから対応の遅さ、そして事務所側もしばらく放っておいた責任の甚だしさは際立っています。

 

 もちろん、女子高生も悪いという意見もあります。夜に男性の一人暮らしの部屋に未成年者の女性が2人で言った時点でアウトです。芸能活動をしている身でありながら、疑わしい交友は避けなければならないのは常識です。バイキングの放送で歌手の中条きよし氏も、「酔っぱらってやったかどうか、そんな気しかない、それなら蹴飛ばして逃げ帰ってこられるでしょ。行かなければいい。」との持論を展開していました。

 

 分別のつかない人間でも、夜に酔っ払いの、一人暮らしの人間が居て、そこに異性が行くのも確かに問題です。山口氏がほぼ100%悪いですよ、先にも言いましたが、酒におぼれて自分を管理できない被疑者・山口達也がほぼ100%悪いですけど、今後、このような事件に巻き込まれないためにも、蹴飛ばして帰って来いとか言うつもりはありません。むしろ、最初から夜に異性の部屋に行くべきではないですよ。事件に巻き込まれない努力も必要ではないでしょうか。

 

 さて、これからの話ですが、行政とのかかわりも一層強いTOKIOはPR先のイメージ悪化が懸念されるところです。国分氏もコーナーの最後に述べられていましたが、あれだけの全体を見渡せて次へ次へと対応するメンバーがいることも、一生の宝であると感じていただきたいものです。

 

 そして日本全国で知られている本業はアーティスト、方や副業は多種多様で農家から工業から大工から漁師からと幅広い活動をされているTOKIO。基本的な活動をこの事件で全て潰せとは誰も願っていません。しかし、このままTOKIOは自滅していくのではと危機感を私は覚えます。

 

 関係各社、そしてまずは古くからお世話になっている方々へ、身を尽くして、十二分に悔いて、出直す必要があります。私個人としては、今までの甘ったれた山口達也を捨てて戻ってこい。そんな感情をぶつけたいと思います。

 

 

 と、こんな感じで、加害者側、被害者側に立って、私なりの中立なまとめ方をさせていただきました。ぜひ、コメントを待っています。

 

リテラのでっち上げ報道 ヨガスタジオを "性風俗店" と記載

スポンサーリンク

 

 こんばんは、TRエンタテインメントです。

 

 マスメディアがセクハラ記事を出してしまったようです。今日発売の週刊文春に、文部科学大臣の林芳生氏が公用車でヨガスタジオに行っていた件で、この施設を "性風俗店" と記載していた模様です。一部内容をリテラが記載していましたが、削除をし、おわび記事を掲載していますので簡単に説明します。

 

lite-ra.com

 

 事は昨日24日、リテラ編集部が、「明日の文春に文科相性風俗通いの報道がある」との情報をつかんだようで、複数の週刊誌関係者、政界関係者に取材をして林文科省が通っているヨガスタジオは、裏でセクシーなサービスを行っている、しかも公用車で通っているとの情報を得たらしいです。 

 

 しかし、この時は発売前ですからリテラ編集部は記事の内容は見ていません。そのため、当然、店舗の場所も何もかも、分からないだらけの状態です。

 

 それにもかかわらず、政権の批判材料としか考えず、公用車では通っていたことしか事実ではなく、結果として捏造報道をしていたのです。

 

 ちなみに、週刊文春には、「キャバクラヨガ」や「個室」といった記述は見られたものの、「性風俗店」や「セクシーなサービス」といった記述はありませんでした。

 

 実際のヨガスタジオの店舗のサービスでは、「キャバクラヨガでもなく、いかがわしい風俗店でもない」と、ブログに記載されています。

 今回の報道について。 | 庄司ゆうこ オフィシャルブログ(ポジ☆ポジ☆ポジティブ)powered by アメーバブログ 

 

 まず、この報道の一番の問題点は、特にリテラ編集部ですが、全くと言ってもいいほど取材をしていないのではないでしょうか。おわび記事の中に複数の週刊誌関係者や政界関係者と書いてありますが、元ネタを吐けとまでは言いません。だから今回は誰から聞いたのかはいいでしょう。

 

 問題はその情報が複数あったにもかかわらず、それらの話をそのまま鵜呑みにし、リテラ編集部側でまともに調べていなかったのではないでしょうか。最も、記事が出るというだけの複数証言では全く情報をつかめていないものと同じ気がしますが。

 

 そして文春側ですが、ヨガスタジオの代表取締役のブログにもある通り、元AV女優がインストラクターをやっている訳でもなく、キャバクラヨガでもないと書かれています。記事中に、「テレビでは~」とありますが、この点について文春側はどのような情報を根拠にキャバクラヨガと判断したのかも疑問に残ります。ましてや、AVとグラビアモデルを一緒くたにするような職業を雑に扱う表現が許されるのでしょうか。まさか人権まで侵害しておきながら「表現の自由」とか豪語するなんてことありませんよね。

 

 いずれにせよ、おわび記事からも読み取れるように政権を批判し、ほかのマスメディアも追随させる狙いしかなかったのではないか、単に政権を批判するための先走り報道をしてしまった感が否めないといったところでしょう。

 

 とりあえず、リテラ側は早々に謝罪文を出しましたので、これ以上の問題は生み出されないことと思います。

 

 しかし、本丸である週刊文春の記事はそのままとなっており、今日、普通に発売もされていますし、週刊文春オンラインにも掲載されています。文春側も再度、スタジオへの取材を行い、来週の発売はない(はず、今日、特大号だよね...?)のですから、文春オンラインにまずは掲載し、ことの経緯を書かれた方がよろしいかと思います。最も、記事に自信があり、確かな情報であるのなら全く問題はありません。

 

 結局、政権批判に先走り墓穴を掘ったリテラ編集部だった。文春の対応は如何に。

スポンサーリンク

 

 

~~~関連記事~~~

bunshun.jp

ameblo.jp

www.ps-yoga.com

デモ主催者も本当のことを言いましょう 4月14日国会前 デモ警察の情報では5千人

 こんばんは、TRエンタテインメントです。

 

 朝日新聞中日新聞社が発行する主要紙をはじめ、現政権反対派の新聞各社に意見広告として #国会前大集合 とデカデカとありましたが、そのデモを実際に見に行ってきました。あ、でも、参加はしていないからな!カメラをひたすら回していただけだからな!どこの誰に見つかっても厄介だし、ほとんど声なんかも出しておらんぞ!!

 

 ということで、実際にどんな様子か見に行ってきたわけですが、映像についてはこの記事の一番下に埋め込んでおきますので見たい方だけどうぞ。編集が終わり次第、順次貼っていきます。なお、手振れが非常に激しいです。ご了承ください。音量がもしかしたら大きいかもしれません。ご注意を。

 

 まずは、国会前の様子。国会前の道路を通ったことがある方はお分かりだと思いますが、非常に狭いのです。狭いと言っても3メートル位の幅はあるとは思いますが、その半分以上をデモ隊が占めており、一応歩道ですから、通路も確保されてはいますが、国会前交差点から国会正門前交差点まで通過に20分くらいかかってしまいました。

 

 そして、参加者がどんな人物が多いか。いくら述べ5万人5千人と言ってもさすがに人を集めることは容易ではありません。だいたいは団体、組織にはなるのですが、ニュースをある程度ご覧の方はママの会だとか、あとはのぼり旗を見た限り労働組合とか、だいたいはこのようなある程度資金力と人員がいる組織が参加しているように感じました。

 

 さらに、年齢層も言うと下が60代でした。家族で(というよりも、親に連れてこられて)来ていたり、SEALDsみたいなよく分からん若年層の人も見受けられましたが、だいたいは相当年をお召しになった方々が集まっていました。マスコミに騙されていたか学生運動があった世代なのでしょう。まだこんなことやっているのか。

 

 そして、お決まりの文句は、「安倍はやめろ」、「総辞職」、「嘘をつくな」、「市民をなめんな」でした。選挙でも勝てず、罵倒することしかできないためか、とにかく辞めろか倒すしか言っていませんでした。

 

 このように最前線に行けば分かりますが、かなり危ないデモだと言うことは分かるかと思います。

 

 そんな中、まさかここまで、というべきでしょうか、やはりというべきでしょうか。逮捕者まで出る事案になりました。産経新聞社しか報道がないため、少々心配ではありますが、引用したいと思います。

 警視庁麹町署は14日、国会議事堂前で開かれていた集会に参加していた30代の男を機動隊員に対する公務執行妨害容疑で現行犯逮捕した。「やっていない」と容疑を否認している。

 

 逮捕容疑は同日午後、パイプ柵を乗り越えて車道に出ようとした際、制止しようとした機動隊員の胸を押したとしている。

 

 国会前では当時、学校法人「森友学園」の国有地売却に絡む財務省の決裁文書改竄(かいざん)や、加計(かけ)学園の獣医学部新設などの問題に抗議する市民集会が開かれ、一部の参加者がバリケードを越えて車道を占拠するなどしていた。

 

出典; 安倍政権批判の国会前集会 機動隊員の胸を押す 公妨容疑で男を逮捕 容疑を否認 - 産経ニュース

 

 

 完全にデモ隊が暴徒と化し、バリケードを突破して車道へと流れ込んでしまいました。デモ参加者は、狭い歩道に人をとどめておくのが危険だ、過剰警備だ、などと言っている人間も居るらしいですが、暴徒を止めきれず、全然足りない気しかしません。車道まで道路使用許可を取ったのでしょうか。普通に考えて道路交通法違反ですよね。もはやデモの域を超えていると考えるのは私だけでしょうか。

 

 ちなみに、安倍首相は14日当日、国会にはいませんでした。いない日にデモをやって意味が1ミリもないというのに。いや、マスコミへのパフォーマンスと言えばだいぶ意味があるのか....

 

 いずれにせよ、民主国家の役には全く立たないのがこのようなデモです。ましてや選挙に行かず、デモだけならまだしも、バリケードまで破壊し犯罪まで犯してマスコミへのパフォーマンスともなれば、これこそ民主主義の崩壊ではないでしょうか。「こんな人たち」は今の現状をまるで理解していないことが非常に腹立たしい思いで他に言うことはありません。

 

 しかし、見てきた感じ、到底5万人いたとも思えませんし、日本国民全員がこのようなことはないでしょう。もう少し話が通じる人間であれば、「こんな人たち」と一緒にデモなんてしないはずですから。

 

 あー、こわかった。

~デモの様子~