時事問題特集 by TR

ついに時事問題に挑戦します。政治から事件やら話題の情報まで、とにかく頑張ってやっていきたいと思います。正直、問題にならないものも取り上げます。

朝日新聞、(捏造報道屋として)廃業しろ。

スポンサーリンク

 

こんばんは、TRエンタテインメントです。

当サイトをご覧の方は他のサイトや動画サイトをご覧かと思うため、分かるかと思われますが、日本維新の会所属、足立康史衆議院議員をご存知でしょうか。

国会での足の引っ張り合いをする民進党に対し、「アホ」、「ばか」などといった少々乱暴な言葉を使い、YouTubeを始めとして動画サイトでは一定の人気と支持を誇り、インターネットをよく利用するユーザーであれば1度は見たことがあるのではないでしょうか。

そんな中、朝日新聞が散々、加計問題と称して捏造報道をしてきた学校法人に関する記事に怒りを覚えた足立議員はTwitterで以下の発言をしました。

足立議員も立場上、 さすがに「死ね」という単語で自分が死んでしまったら元も子もないと思うのですが、確かに、朝日新聞の捏造には怒りを覚えます。死ねと言われるだけのことはやっていますから仕方ないのではないでしょうか。

もともと、足立議員がこの発言をした理由は、11日の社説とありますが、疑問を大きくしたのは紛れもない朝日新聞だからです。

続きの足立議員の発言を見ればわかります。

 社説でもありますが、「疑惑は解消されず、むしろ膨らむばかり」とありますが、上記の事柄からも分かるように疑惑を生んで国民を騙し、いかなる手段でも現政権を下ろそうとする朝日新聞社の悪質さは著しいものです。

足立議員は死ねという言葉を使った理由として、「日本死ね」が流行語大賞で選ばれ、山尾志桜里議員が授賞式に登壇されるという、この寛容される事態において、あえて「死ね」という言葉を用い、問題提起されています。

ちなみに朝日新聞はこれに対し、18日の社説で、「『保育園落ちた日本死ね!!!』の言葉が注目されたが、それは政策に不満を抱える市民の表現だ。国会議員の活動での言動は同列にできない。」と反論していますが、ネットの書き込みにより、山尾議員が予算委員会で、朝日新聞社の言う「言論の府」に持ち出したのはいいのでしょうか。

いずれにせよ、朝日新聞も報道機関としての発言内容といい、捏造報道といい、到底許されるものではありません。

国民の声、市民の声を捏造し、「市民と共闘だ。」といつまで言うつもりなのか。

足立議員の言葉を少しお借りするとしたら、

朝日新聞、廃業しろ。」

本当に休まずに出来るのか ヒカル氏カムバック

 

こんばんは、TRエンタテインメントです。

ついにといったところでしょうか、早すぎるといったところでしょうか。成金系YouTuberヒカル氏が昨日、18時に新しい動画をYouTubeに公開しました。

見てもらえば分かるんですが、「再開します。」という宣誓の動画(?)です。下にリンク張っておきます。

https://www.youtube.com/watch?v=p0bP87HOvRw

今回、晴れて動画投稿再開に至ったらしいですが、今まで活動を休止していた理由についてはご存知の方も多いかと思いますので、ざっくりとだけ説明します。

事は今年8月15日、個人そのものの価値を、ビットコインでトレードを行うVALUで前日にヒカル氏のTwitterで「明日、動く」といった趣旨のツイートをし、翌日にヒカル氏ら関係者も保有していたVALUを売り抜けたとされる事案で活動を休止されていたものです。VALUのトレーダーや視聴者からは、「詐欺だ」との声が相次ぎ、ヒカル氏のTwitterは炎上しました。

ヒカル氏曰く、動画内でヒカル氏をはじめとした複数のVAZのクリエーターで自分らの価値を競い合うといった動画を企画していた、また、ネクストステージの元マネージャーである井川氏が設定したオフ会等に関する優待情報がタイムラインに載せたままになっていたという事のようです。

しかし、意図していたものと相違があったらしく、VALUを売って、その額を寄付などに回してYouTubeの動画で報告する予定でいたようです。

ただ、「明日、動く」といった趣旨の発言からVALUを売却し、結果的に利益を得ていること自体は、私は如何なものかとは思います。

 

さて、活動を再開したという話に戻りますが、ヒカル氏はTwitterで以下のように発言されています。

 とりあえず、活動再開までこぎ着け、今後、ネクストステージとしても再結成となるものと思われます。

ただ、皆様覚えているでしょうか。これもご覧になった方も多いのではないかと思いますが、見ていただけたらと思います。ITメディアの書き起こしも貼っておきます。

https://www.youtube.com/watch?v=1JNSvavAb1g

【全文書き起こし】YouTuberヒカル、VALU騒動について語った13分56秒 「VALUも企画に関与」「全て背負うのは耐えきれない」 - ねとらぼ

VAZとの話合いで法律問題に発展している関係から、騒動が起こった当初は説明がなされるままでした。

これが本当であれば、2ヶ月程で戻ってきて大丈夫なのか、民事なら未だしも、刑事の場合、時と内容にもよりますが、出頭を命じられる可能性も考えられます。

実際、犯罪に当たるかどうかは司法が判断しますからこの場では述べませんし、述べる立場にないですから特に何も言いません。

しかし、本人の口から少なくとも法律問題に発展しているという話があるのであれば、すべて終わるまで出てこないほうがよかったのではないのかと、私は考えます。

 終わっているのならば良いのですが、万が一終わっていない中で活動を再開することは視聴者やファンにとって不安要素だと感じてしまうのではないでしょうか。

このように休むなんてことがないようにこれからも動画制作を続けられるとの事ですが、本当に休まずにできるのでしょうか。

帰ってこいと声があっても、続けられないのでは帰ってきた意味もないのです。ヒカル氏は続けられるのでしょうか。

結局名前を変えただけの党なのか 「希望の党」共同代表選告示

 

こんばんはTRエンタテインメントです。最近ははてブロライターやワープロライター(WordPressのことな!)みたいなことをしながら職探し中です。大変だぁー。

さて、話の収拾がつくかどうかといった心配事が起きました。

小池百合子東京都知事が代表となって率いる『希望の党』ですが、共同代表選が始まり、8日告示されました。

玉木雄一郎氏と大串博志氏の一騎打ちとなりました。玉木氏は改憲議論を進める方針を、大串氏は改憲は認めないと、党内で全く思想が異なり対立する関係になりました。

夕刊フジの取材で、足立康史衆議院議員日本維新の会 所属)は「よって立つべきは、衆院選で得た民意しかない。公約を軽視すれば、未来はなく、根なし草となって消えていくことは避けられない。」と苦言を呈した形です。

確かに、小池代表は入党希望者に横領を理解したうえで、安保法制の容認と改憲論議を引っ提げてまがいなりにも今回の衆議院選で戦った訳ですが、大串氏の訴えである改憲を認めず安保法制を認めないと方針が変われば、まさしく有権者への裏切り行為であるのではないでしょうか。

また、小池代表および党幹部は、民進党から全員を受け入れるつもりはなく、「排除する」とまで言って選定を行っているはずなのですが、これでは民進党と変わらないと言われても仕方ないのではないでしょうか。

明日、11月10日に投開票が行われます。希望の党員は民意を背負って責任を擦り付けず、全うしていただきたいと思います。未来に「絶望」ではなく「希望」を。